私達は副作用のない抗がん剤作成を目指しております。



企業概要


会社名  TSSバイオテック株式会社
資本金  金6230万円
本社   東京都練馬区石神井町3丁目3番31号
設立   平成14年5月16日

事業内容


  1. 膀胱癌,前立腺癌、C型肝炎、エイズのためのバイオマーカー開発
  2. 膀胱尿管逆流症の検出システム開発
  3. 肺癌、胃癌、大腸癌、子宮癌,前立腺癌、膀胱癌等に対する治療薬開発
  4. 各種疾病におけるプロテオーム解析
  5. 各種抗原に対するモノクローナル抗体作製
  6. 特許権、実用新案権、商標権、意匠権、著作権等の管理及び運用

保有する特許


  1. 尿路上皮癌 (膀胱癌、尿管癌、腎盂癌) の腫瘍マーカー

    国内特許第3626177号(平成16年12月10日登録)
    https://patentfield.com/patents/JP20040548110
    米国Patant No : US 7,323,312 B2(Date of Patent:Jan.29.2008)
    欧州Patant No : EP 1605266

  2. 膀胱尿管逆流症および間質性膀胱炎の診断法
    (尿中ウロプラキンメッセンジャーRNA測定)

    国内特許第4576168号(平成22年8月27日登録)
    https://patentfield.com/patents/JP20040191577
    米国Patent No:US 8,114,588 B2 (Date of Patent:Feb.14.2012)

  3. 癌の診断と治療において有用な新規ポリプペチド

    国内特許第4712689(平成23年4月1日登録)
    https://patentfield.com/patents/JP20060514052
    米国Patant No : US 7323,312 B2(Date of Patent:Jan.29,2008)

  4. 前立腺腫瘍マーカー

    国内特許4451784号(平成22年2月5日登録)
    https://patentfield.com/patents/JP20040548109

実績


  1. 2016年当社が保有する特許である尿路上皮癌 (膀胱癌、尿管癌、腎盂癌) の腫瘍マーカーにおいて、大手診断薬メーカーと特許ノウハウライセンス契約が成立いたしました。現在、商品化に向けて開発中です。
  2. 2017年6月、大学の研究所において、当社が保有する「癌の診断と治療において有用な新規ポリプペチド (新規蛋白質U7)」を応用した癌治療薬の作製に成功いたしました。その効果はマウスを使った実験において実証され、新規抗がん剤は、研究用試薬としてフナコシ株式会社から発売されました。https://www.funakoshi.co.jp/contents/68050
  3. U7測定試薬は株式会社ペプチド研究所・和光純薬工業株式会社から販売されております。https://www.peptide.co.jp/catalog/f-cat?k_code=3234

    《参考文献》( 論文)A Novel  Prodrug of a γ-Glutamylcyclotransferase Inhibitor Suppresses Cancer Cell Proliferation in vitro and Inhibits Tumor Growth in a Xenograft Mouse Model of Prostate Cancer. ChemMedChem. 2018 Jan  22;13(2):155-163.:(ヒト前立腺癌細胞を移植したマウスにおいて、U7を阻害する自作の抗がん剤が癌の増殖を抑制した)。

進行中のプロジェクト


準備中

お問い合わせ


メモ: * は入力必須項目です